0799-43-2340
南あわじ市市青木107-1

顎変形症(外科的矯正治療)

2018/01/30

下顎骨の側方への偏位を伴う骨格性下顎前突症

主訴:     下あごが突き出ているのを治したい
診断:     下顎骨右方偏位を伴う骨格性下顎前突、顎変形症(30歳)
使用装置:   上下顎マルチブラケット装置
動的治療期間: 1年7か月
費用:     「健康保険適用」自己負担額 約25万円(矯正治療のみ)
リスク・副作用:親知らずの抜去が必要、丁寧な歯磨きが必要、全身麻酔下での顎離断術が必要、一般的な歯科矯正治療に付随するリスク

「治療開始前」30歳5ヶ月

【術前矯正治療中】

【顎離断術直後】 31歳5ヶ月

【術後矯正治療中】


「治療終了後」 32歳0ヶ月

 

Menu